DOMMUNE FUKUSHIMA!#38

DOMMUNE FUKUSHIMA!#38

2017.06.16 Fri
福島県の現状を、福島県から世界に発信する独自のメディアとして2011年5月8日に開設。アーティスト/デザイナーの宇川直宏氏が主宰し、世界でも圧倒 的な人気と視聴者数を誇る東京発のライヴストリーミングチャンネル「DOMMUNE」が、福島県内の有志のスタッフと供に配信する、福島発のライヴストリーミングプログラム。独自の視点で福島の現状を世界に配信している。不定期な配信ながらも、この先数年単位の長いプロジェクトとして継続中。
アドレス  http://www.dommune.com/fukushima/
UPDATE:2017.06.16
2017/06/16 (金) club NEO(福島市)より特別配信
「Field Improvisationー境界を越えて行こうよ♪」
19:00~21:00
TALK:岩根愛(写真家)キオ・グリフィス(ヴィジュアル・サウンドアーティスト)山岸清之進(プロジェクトFUKUSHIMA!代表)小川直人(学芸員)
21:00〜24:00
朗読 :アヴちゃん(女王蜂)
DJ  :ANON ID

2017年のDOMMUNE FUKUSHIMA!第2回目の配信は、アーティストのキオ・グリフィスをゲストにお迎えします。日本人の母とアメリカ人の父を持ち、今でも両方の国で暮らすキオ氏が持つ『どこにも所属していない/できない』感覚を、東京、ハワイ、福島、と移動しながら、移民を通じたハワイと福島のつながりを追いつづける、写真家の岩根愛をホストにクロスートーク。メキシコ国境や福島に生じてしまった無数の透明な境界線を超越するには?さらに、プロジェクトFUKUHSHIMA!代表の山岸清之進より今年7回目の開催となる「フェスティバルFUKUSHIMA!」について発表をします。後半のプログラムは、女王蜂のアヴちゃんが福島初登場!にして超レアな朗読を披露します。今年、ミュージカル『ロッキーホラーショー』出演も決まったアヴちゃんの、全てを超越した朗読にご注目ください。そして地元福島からは郡山市を中心に活動するDJ/トラックメーカーの ANON IDことTomohiro Shiraishi が出演。様々なジャンルに"またがる"そのプレイもお楽しみに。

★会場での観覧をご希望の方は、メールにて「お名前・メールアドレス」をお送りください。順次メールにて個別に、お申込から24時間以内にご連絡させていただきます。
ご予約メールアドレス:morirecords@gmail.com
OPEN:18:50頃(第1部~第2部入れ替えなし!番組途中入場OK!再入場不可!BARあり!)
CLUB NEO 福島県福島市 本町5-1-BF1  ※電話でのご予約はできませんのでご注意願います。


[出演者プロフィール]

岩根愛(写真家)
1991年単身渡米、カリフォルニア州北部のオルタナティブスクール、ペトリアハイスクールに留学。自然と共に、オフグリッド、自給自足の暮らしの中で学ぶ。1996年よりフリーランスとして、雑誌媒体、音楽関連等の仕事をしながら、フィリピンのモンテンルパ刑務所(2010)、ロシアのニクーリンサーカス(2011)、台北榮民の家(2012)など、世界の特殊なコミュニティでの取材を続けている。2006年以降は、ハワイにおける日系文化に注視しながら、2013年より福島県三春町を拠点に、福島移民を通じたハワイと福島のつながりを追いながら制作している。[photo by HARUKI]
http://www.mojowork.com

キオ・グリフィス
1963年神奈川県生まれ/ロサンゼルス(米国)・日本拠点
ヴィジュアル・サウンドアーティスト、キュレーター、エディターとして、主に日本とアメリカを拠点に多様な活動を展開する。昨年はあいちトリエンナーレ2016にて、環太平洋地域を中心にさまざまな言語で語られた「色」にまつわるメッセージを集め、その「声」をオーケストレーションする作品"White House"を発表した。"Artillery 2015 1-2月号"アジア特集号編集長、「珊瑚海」(六本木アートナイト/Gallery Lara Tokyo 2015)、クロアチアビエンナーレ"Phlogiston"(Split Museum of Fine Arts, Croatia 2015)参加等。2017年には前年にEmerging Curators program at LACE (Los Angeles Contemporary Exhibitions.)に選出された展覧会" THE ECSTASY OF MARY SHELLEY"の企画、キュレーション。また同月日本の写真家、映像作家、編集者、キュレーターにて構成された" Transit Republic "をSanta Monica Arena1 Galleryにて開催、これはART BRIDGE (主宰:港千尋氏)のロサンゼルス特集号といえる、出版の携帯を変容した展示、取材、リサーチを伴った越境芸術祭を繰り広げるプロジェクトの出発点になった。
http://www.kiogriffith.com

アヴちゃん(女王蜂)
バンド女王蜂ヴォーカル。バンドの全楽曲の作詞作曲、ヴィジュアル面のプロデュースも担当。独創的かつ衝撃的なパフォーマンスが音楽業界のみならず各方面で話題騒然となり2011年メジャーデビュー。楽曲「デスコ」が映画『モテキ』のメインテーマに起用、本人役で映画にも出演するなど話題・実力共に音楽シーンを席巻。約1年間の活動休止期間を経て、2015年にはテレビ東京ドラマ「怪奇恋愛作戦」のOP曲をシングルリリースし、再始動。2017年4月には2年ぶりのフルアルバム「Q」をリリースし、デイリーチャート5位を記録。4月からは自身最大規模の全国ワンマンツアーを開催し、リリース・ライヴ共に精力的に活動中。
http://www.ziyoou-vachi.com/

ANON ID(DJ/トラックメーカー)
ベースミュージックやダンスミュージックなどの電子音楽からジャズやソウル、民族音楽など古今東西の様々なジャンルで、主に郡山を中心に活動するDJ/トラックメーカー。
レギュラーイベント[NOT MAD/Sunday Chillout/Ambitation]
http://www.soundcloud.com/anon-id
http://www.mixcloud.com/AnonID/

山岸清之進(ディレクター・プロデューサー)
1974年福島市生まれ。慶応義塾大学SFC大学院在学中よりメディアアートユニットflowを結成し国内外で活動を開始。NHKの教育番組「ドレミノテレビ」(グッドデザイン大賞/2004)や、ウェブサイト「NHKクリエイティブ・ライブラリー」(日本賞/2013)などを企画制作。2006年より、鎌倉を拠点とするクリエイティブNPO「ROOT CULTURE」を仲間と立ち上げる。2011年東日本大震災の直後より音楽家・大友良英氏の呼びかけでプロジェクトFUKUSHIMA!に参加、2015年から同プロジェクト代表を務める。

http://pj-fukushima.jp

小川直人(学芸員)
1975年生まれ。東北大学大学院教育学研究科修了。2000年にせんだいメディアテーク準備室に入り、開館後は映像文化全般に関する事業を担当、近年は情報デザインやアーカイブに関する諸問題に取り組む。併行して個人でもイベントの制作や本の編集などを行うほか、有志の組織"logue"の一員として企画制作や教育活動に携わる。2011年の東日本大震災後は、山形国際ドキュメンタリー映画祭で特集「ともにある――Cinema with Us」、インターネット配信DOMMUNE FUKUSHIMA!に取り組んでいる。

配信はこちらから▶ http://www.dommune.com/
DOMMUNE FUKUSHIMA! Crew:
Tomohiro Hasegawa, Mystikalion, XTRIBESTER, Satoshi Maeda, U-SKE(cafe SAVAI), Mikiko Suzuki, Naoto Ogawa, Naoki Koshikawa, Satoshi Endo, Shinya, nonpu, Ukawa Naohiro(DOMMUNE), Jenna(DOMMUNE), Shoichiro Mori, and Yoshihide Otomo
  • READ
    MORE
    DOMMUNE FUKUSHIMA! #39

    DOMMUNE FUKUSHIMA! #39

    UPDATE:2017.08.15
  • READ
    MORE
    DOMMUNE FUKUSHIMA!#38

    DOMMUNE FUKUSHIMA!#38

    UPDATE:2017.06.16
  • READ
    MORE
    DOMMUNE FUKUSHIMA! #35 「大風呂敷まつり」アフタープログラム

    DOMMUNE FUKUSHIMA! #35 「大風呂敷まつり」アフタープログラム

    UPDATE:2016.08.15