• HOME
  • EVENT
  • 展覧会「2011→2021→ The Future is in our hand
展覧会「2011→2021→ The Future is in our hands 未来はわたしたちの手で」開催!

展覧会「2011→2021→ The Future is in our hands 未来はわたしたちの手で」開催!

2021.2.20 sat~3.14 sun
UPDATE:2021.02.11

地震により被害に遭われた皆様にお見舞申し上げます。
展示会の日程を変更いたしました。

【日時】2021年2月20日(sat)〜3月14日(sun)11:00〜18:00 火曜日休館
【場所】OOMACHI GALLERY(福島県福島市大町9-21ニューヤブウチビル3F)


新型コロナウイルス感染症対策について

◎マスク着用・検温・手指消毒にご協力ください。

◎会場内の人数を制限しています。5名程度以上になる場合は会場の外でお待ちいただくことがあります。

◎メールまたは電話での事前予約も受け付けます。

mail:profukushima@gmail.com 電話:024-573-8385


2021年2月21日(sun)14:00〜17:00「大風呂敷オンラインサミット」開催!

youtube配信はこちら!https://youtu.be/2z_1f6Uh75E


GUEST:大友良英・各地の大風呂敷チームのみなさん
HOST:山岸清之進・中崎透・アサノコウタ



開催にあたって

 2011年3月11日に起きた東日本大震災と、東京電力福島第一原子力発電所の事故をうけて発足したプロジェクトFUKUSHIMA!は、同年5月8日に活動開始を宣言すると同時にライブストリーミングチャンネルDOMMUNE FUKUSHIMA!を開局、8月15日に福島市でフェスティバルFUKUSHIMA!を開催しました。震災の翌年以降も福島でフェスティバルを継続する一方で、「大風呂敷」と生演奏の盆踊りは札幌や東京をはじめ日本各地にも広がっています。

 しかし、2020年に予定していたフェスティバルFUKUSHIMA!は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となり、今年も依然として不確定な状況が続く中、震災から10年という節目を迎えようとしています。そこで、新たにまとめ直したアーカイブ資料をもとに、これまでを振り返りつつコロナ後の未来を考える展覧会を開催します。

 一昨年8月「福島わらじまつり」と合同で開催した盆踊りの会場で写真家・岩根愛によって撮影された巨大パノラマ写真のインスタレーションを中心に、大友良英スペシャルビッグバンドによる最新の音頭の録音や、福島のみならず各地で縫い合わされた約1万平米分の「大風呂敷」のカタログ展示、さらに10年間の活動においてさまざまな形でプロジェクトに関与した人々----出演者、スタッフ、演奏者、撮影者、来場者、のぼり旗などでご寄付くださった方など----の軌跡を多角的に読み解くインフォグラフィック展示など、祭りのないコロナ禍だからこそできる試みが今回の展覧会です。

 ぜひ足をお運びくださいと言いたいところですが、移動が難しい状況が続くためオンラインイベント「大風呂敷オンラインサミット」も実施します。過去2回開催した「大風呂敷サミット」は、全国各地に散らばる大風呂敷チームメンバーが一同に会し、それぞれの活動のプロセスを相互に交換して交流を深めた重要な場でした。今回はその場をオンラインに移し、模索を繰り返しながら進められてきた私たちのプロジェクトのありようそのものを共有する場としたいと考えます。会場にお越しいただけない方も、ぜひオンラインでご参加ください。

 2011年、最初のフェスティバル開催に合わせ「未来はわたしたちの手で」というスローガンを掲げました。震災10年を経る現在は、どのような「未来」として私たちの手にあるのでしょうか。奇しくも世界を揺るがすパンデミックと重なる節目の年の展覧会が、ともにプロジェクトを作って来たみなさんと、この先の未来を再考する場になればと考えます。

プロジェクトFUKUSHIMA!代表 山岸清之進