• HOME
  • EVENT
  • フェスティバルFUKUSHIMA ! 2019
フェスティバルFUKUSHIMA ! 2019

フェスティバルFUKUSHIMA ! 2019

2019.8.4 sun
UPDATE:2019.07.17

今年も開催!フェスティバルFUKUSHIMA!2019 納涼!盆踊り
 
 2011年の東日本大震災から8年、福島で毎年8月に開催してきたフェスティバルFUKUSHIMA!を今年も開催します。今年で9回目となる私たちのフェスティバルですが、地元最大の祭り「福島わらじまつり」の改革に携わることになったことから、なんとわらじまつりと連携した形でわれわれの盆踊りを開催することになりました。

 福島わらじまつりは、12mもの巨大なわらじを担いで練り歩く、福島市の夏祭りです。50年の節目を迎える今年は、従来の2日間から3日間に拡大して開催されます。その3日間にわたる祭りを締めくくるのが、フェスティバルFUKUSHIMA!の盆踊りです。いわば"あとの祭り"! この日ばかりは無礼講とばかりに、老若男女が入り乱れて踊ります。当日の会場には、プロジェクトFUKUSHIMA!のビジュアルアイコン、巨大パッチワーク「福島大風呂敷」が広げられ、県内外の来場者、ボランティアスタッフ、出演アーティストが入り交じって祭りを作りあげます。そんな"あとの祭り"の盆踊りのイメージを、絵本作家・飯野和好さんに描いてもらい、今年のメインビジュアルにさせていただきました。

 私たちの盆踊りの最大の特徴は、生演奏であること。去年に続き福島育ちの音楽家・大友良英の指揮による「オーケストラFUKUSHIMA!」が演奏を担当します。プロ・アマ入り交じって即興的に演奏されるオーケストラFUKUSHIMA!は、大風呂敷と共にフェスティバルFUKUSHIMA!には欠かせない要素の一つです。「ええじゃないか音頭」や「わらじ音頭」のほか当日演奏予定の曲について事前に楽譜も配布しますので、ぜひ練習の上、楽器持参でご参加ください。もちろん踊りでの参加、見るだけの参加も大歓迎です。また、恒例の名入りのぼり旗はわらじまつり初日から3日間にわたって会場に掲示しますので、ぜひご協力ください。

 そして最後に。今年の盆踊りは、プロジェクトFUKUSHIMA!の発起人であり、4月に逝去された遠藤ミチロウさんを追悼し、心を込めて踊りたいとます。震災後の福島で祭りをやることも、盆踊りをやることも、「ええじゃないか」の言葉も、どれもミチロウさんが初めに言い出したことでした。そんなミチロウさんを迎えて、みんなで櫓を囲んで踊れたらと思っています。
 
 9回目の夏も、福島で、みんなそろって「ええじゃないか音頭」で踊りゃんせ!
 

プロジェクトFUKUSHIMA!代表/ディレクター 山岸清之進



日時:2019年8月4日(日)15時〜20時/福島わらじまつり(8月2日〜4日)と連携開催
会場:福島市 街なか広場(福島市本町17−1・福島駅東口から徒歩5分)
参加無料・小雨決行・荒天中止

 
【タイムテーブル】
15:00 開演
15:00〜15:10 MC(ハイジ&山岸)
15:10〜15:50 DJフクタケ
16:00〜16:35 テニスコーツ&ざやえんどう
16:45〜17:15 岩根愛パノラマカメラ撮影会
17:15〜17:30 双葉盆唄のみなさんと盆踊り
17:30〜 オーケストラFUKUSHIMA!で盆踊り
20:00 終演
 
※追悼!遠藤ミチロウ 特別写真展、プロジェクトFUKUSHIMA!アーカイブ展示は開場から終演までいつでもご覧いただけます。
 


【参加者大募集】詳細はリンク先をご覧ください!
名入りのぼり旗 募集
個人でも団体・企業でも熱烈歓迎!
shiigi_MG_0069s.jpg

オーケストラFUKUSHIMA!
楽器、音の鳴るものを持って街なか広場へ集合!
mk089s.jpg
 
【スペシャル企画】
追悼!遠藤ミチロウ 特別写真展
michiro2019S.jpg
 
【関連企画】詳細はリンク先をご覧ください!
■福島わらじまつり 8月2日(金)〜4日(日)
50年の節目に、新しくなる「福島わらじまつり」。その改革にあたり、総合プロデュースを務める大友良英とともにプロジェクトFUKUSHIMA!が共同プロデュースを担います。
8月2日(金)の「わらじ競争」、8月3日(土)の「新わらじおどり」にはプロジェクトFUKUSHIMA!の仲間たちもエントリーします。
今年は一般参加も当日まで募集中です。8月3日の「新わらじおどり」でぜひ一緒に踊りましょう!
福島わらじまつり× プロジェクトFUKUSHIMA!
waraji.jpeg
 
■映画「盆唄」特別上映 8月4日(日)@こむこむ わいわいホール(福島市早稲町1−1)
上映時間:第1回 10:30-12:44/第2回 13:00-15:14※/第3回 16:20-18:34
※第2回上映後 舞台挨拶+双葉盆唄演奏あり

『ナビィの恋』『ホテル・ハイビスカス』の中江裕司監督による最新ドキュメンタリー映画『盆唄』。福島市上名倉からハワイへ渡った盆唄がつなぐ、ハワイと福島、そして富山の相馬移民へと遡る、過去から未来へ、時空を超えるドキュメンタリー。映画には、フェスティバルFUKUSHIMA!2018にも参加してくれたハワイ・マウイ太鼓のみなさんと双葉盆唄のみなさんも出演しています。昨年のDOMMUNE FUKUSHIMA!のホストも務め、マウイ太鼓と双葉盆唄のコーディネートを担当し、今年の木村伊兵衛賞を受賞した写真家・岩根愛さんが映画のアソシエイトプロデューサーを務めています。なお、フェスティバル当日16:45から、岩根愛さんによる回転式大判パノラマフィルムカメラでの撮影会も行います。
映画「盆唄」公式サイト
bonuta.jpg

【ゲスト出演者】

大友良英/オーケストラFUKUSHIMA!/大友良英スペシャルビッグバンド/伊藤千枝子(元・珍しいキノコ舞踊団)/芳垣安洋/鳴物師秀/テニスコーツ/双葉盆唄のみなさん(from双葉町)/ざやえんどう/小林裕輔/ゆか/遠藤知絵/HEIDI/宇山あゆみ/大西彩瑛/DJフクタケ/ほか

【出店メニュー】
プロジェクトFUKUSHIMA!スペシャルビールカウンター/curry dinningbar 笑夢/GoodDayMarket/ももがある/焼鳥一龍/サイトウ洋食店/俺の窯/Ezycafe Anya/レッカリー/らさんた/ほか
 
展示:プロジェクトFUKUSHIMA!アーカイブ展
 
会場美術・装飾:プロジェクトFUKUSHIMA!美術部
宣伝美術:飯野和好(絵)/アサノコウタ(デザイン)
 


 
主催:特定非営利活動法人プロジェクトFUKUSHIMA
協力:福島わらじまつり実行委員会/福島駅前通り商店街振興組合/福島市本町商店街振興組合/並木通り商店街振興組合/置賜町スズラン通商店街協同組合/本町親交会
後援:福島市/福島商工会議所/福島市商店街連合会/福島民報社/福島民友新聞社/朝日新聞福島総局/毎日新聞福島支局/読売新聞東京本社福島支局/産経新聞福島支局/NHK福島放送局/ラジオ福島/福島テレビ/福島放送/テレビユー福島/ふくしまFM/福島コミュニティ放送FMポコ
特別協力:株式会社三陽商会/株式会社いげた/サンチェ・イゲタ/DOMMUNE/(有)ビジュアル アンド エコー・ジャパン/株式会社 寿/Club NEO/はじまりの美術館/福島移動販売業協同組合/GoodDayMarket/名入りのぼり旗ご協賛のみなさま/全国の大風呂敷チームのみなさま
助成:公益財団法人全国税理士共栄会文化財団