Lang : 日本語 | English

モリノネ×プロジェクトFUKUSHIMA! ライブ in 正眼寺

2011.12.17 Sat

福島市の森合地区でイベントを開催している「モリノネ」と「プロジェクトFUKUSHIMA!」のコラボレーションイベントが開催されます! 日中は市内の飲食店が出店する「お寺でマルシェ」、夕方より豪華出演者による投げ銭ライブが始まります。

日時 12月17日(土)10:30開場
場所 正眼寺(福島県福島市森合一盃森14)
出演 大友良英
テニスコーツ
Rapt(伊藤文 <from aMadoo>・山本啓 <from Nabowa>)
バロン&熊谷太輔(バロンと世界一周楽団)NEW!
入場料 無料(ライブ観覧は投げ銭<カンパ>をお願いします)
駐車場 約50台分の無料駐車場(正眼寺駐車場・森合テニスコート駐車場、森合市民プール駐車場)をご利用いただけます(先着順)

お問い合わせ:
「モリノネ×プロジェクトFUKUSHIMA!」
mori-fuku@pj-fukushima.jp

REPORT

「モリノネ×プロジェクトFUKUSHIMA!ライブin正眼寺」が開催されました。

12月17日(土)。福島市の森合にあるお寺「正眼寺」で「モリノネ×プロジェクトFUKUSHIMA!ライブin正眼寺」が開催されました。10:00から始まったのは、市内の飲食店や雑貨店による「お寺でマルシェ」美味しい料理に美味しいお酒、お客さんもお昼間からお酒を飲んで気持ち良さそうでした。

12:00からは「バロン&熊谷大輔(バロン世界一周楽団)」ランチライブにぴったりのワクワクする楽しいライブ、子供も大人もみんな笑顔でした。






そして16:00からは「テニスコーツ(with 大友良英)」まるでリハーサルをそのままステージにもってきてしまったかのような、とてもリラックスした演奏。途中から机型ディジュリドゥも乱入し、大友さんは木魚や襖に入っていた和太鼓をどんどん鳴らし、テニスコーツのお二人もとても楽しそうに演奏していました。




だんだん、外も暗くなってきた頃に始まったのが山本啓さんのヴァイオリンと伊藤文さんのWarrGuitarによるユニット「Rapt」。照明をおとし、暗くした境内に響く弦楽エレクトロニカ。幻想的な音の中、とても気持ち良く聴かせていただきました。


そして、ラストの「大友良英」昨年7月30日に「旧堀切邸」で行われた「うたのちからことばのちから」以来の、福島でのソロライブ。ギターにバスドラムとスネアドラムを使ったセット。「カナリア」という優しい曲から始まり、次第に緊張感のある大友良英の世界へ。フッと何かが降りてきたかのような演奏に、お客さんも息をのんで、静かに、真剣に聴き入っていました。途中、大友さんの真上にあった電気がひとつ、勝手にホワ~っとついた時は、思わず鳥肌が立ってしまいました(本当にスタッフも誰もスイッチを入れてないんですよ...)




およそ300人のお客さんが集まった「モリノネ×プロジェクトFUKUSHIMA!ライブin正眼寺」みなさんも、とても楽しんでいただけたようです。また、いつか正眼寺で!