Lang : 日本語 | English

フェスティバルFUKUSHIMA! 世界同時多発イベント

福島クダラナ庄助祭り

2012.08.17 Fri
13:00~(会場によって開演時間が異なります)
福島県

福島クダラナ庄助祭り開催!!!
来る8月17日、福島県福島市在住のブルースシンガー! マダムギターこと長見順が、あの世から時空を超えて小原庄助さんを酒と音楽の力を借りて降臨させます! その為に2人の超強力な助っ人を召還! 漫画家界からは"元祖へたうま漫画の巨匠"しりあがり寿! さらに音楽家界からは"クダラナ音楽伝導士"ギターパンダこと山川のりを! そしてこの2人の「(有)さるハゲロックフェスティバル」(主催:しりあがり寿)と「クダラナ選手権」(ギターパンダが2028年開催予定)をこの夏、くそ暑い福島市でむ・り・や・り・合体!!! さらに地元福島のライヴハウスや地元バンドやママさんコーラスや会場周辺の商店街、さらにはそのへんを歩いているおっさんとか自分を見失ってる詩人とか福島県産の豆とか猫とかなんかもー全部巻き込んで、その名も!じゃじゃじゃーん!!! 「福島クダラナ庄助祭り」を開催します!!! この日ばかりは少しだけ肩の力を抜いてみんなで大騒ぎをしてみませんか。は~ちょいなっちょいな。

※タイムスケジュール他、最新情報はこちらをチェック!
Facebook:kudarana.info
Twitter:@kudarana_info

【募集!!】
「クダラナお宝鑑定団」エントリー受付中!
審査員:安齋肇、天久聖一、他

「福島クダラナ庄助祭り」では、各ご家庭にある「よそから見ると価値のないものだけど我が家では宝物」を広く募集します。いつからうちにあるのか分からない置物、明らかにニセ物の掛け軸および骨董品、子供の頃描いた絵、粘土細工、お母さんの手作り品、捨てられなくて困っているオモチャ、健康器具などなんでもかまいません。豪華賞品をご用意! 正々堂々クダラナさを競い合い、これまでご家庭内だけの存在だった品々にこの機会にぜひ客観的評価をいただいてみてはいかがでしょう。

●参加方法:
メールに、お名前・お住まいの都道府県・ご連絡先電話番号・メールアドレス・お宝の紹介と熱い思い、を記載し「お宝の写真」を添付して kudarana.info@gmail.com までお送りください。お申し込みの締め切りは7月31日(火)。厳正な書類選考を行った上で結果をメールでお知らせいたします。

書類選考に通りました皆様は、
①8月17日に福島市の福島テルサで開催される決戦大会に、お宝を持参いただきステージに上がる。
②とても人前に出る勇気がないから代理人の方に決戦大会に、お宝を持参いただき全てを託す。
③とても人前に出る勇気がないし、代理人もあてがないから、適当にスタッフに任せる。
......のいずれかでご参加願います。

出演者:

マダムギターパンダ、OBANDOS、ハッチハッチェルバンド、EL DORADO、カンザスシティバンド、モアリズム、ザ・たこさん、ボンクラ峠、ズクナシ、ソウル・パウダー・ダイビング!、ナオユキ、リクオ、パイナップル独りウェイ、Kechon Kechon Jug Band、ペーソス、大内アパートフィーバーズ、三本美治、上海マリー、The Young Folks、サイモンガー・モバイル、萩原佳明、のぐお、ナスカス、ザ・スリーメン、ファンシートラックス、剛連合、キンジョリーナ・セピア、三浦カズー、衰退羞恥心、和合亮一、ロボ宙+岡地曙裕(ex. ボ・ガンボス)、BLUE III、ほいどの森+石塚俊明(頭脳警察)、パンチの効いたブルース with 大友良英、夜のストレンジャーズ、小象、福島・メール・ハーモニー、アニキーアゴーゴー!、夢野カブ、あうんさん・すうじぃ、味香苑、デフロック、佐藤正彦、久住昌之 presents I.M.O(イチロー・マリック・オーサダハル)、渡辺俊美(TOKYO NO.1 SOUL SET/猪苗代湖ズ)、他

料金:

前売2000円、当日2500円(各1ドリンク付)
※高校生以下入場料無料(会場受付で学生証をご提示ください。初回のみドリンク代500円が必要となります)
チケット取扱い:チケットぴあ(Pコード:174-844)、ローソンチケット(Lコード、26955)、e+

場所:

福島市
福島テルサ、Out Line、なまず亭、Re-Acoustic、OPTICAL YABUUCHI、BarneS、福島駅前まちなか広場、他

問い合わせ:

【メールアドレス】kudarana.info@gmail.com
※タイムスケジュール他、最新情報はこちらをチェック!
Facebook:kudarana.info
Twitter:@kudarana_info
主催:クダラナ実行委員会
後援:福島市、福島市教育委員会
協力:プロジェクトFUKUSHIMA!