Lang : 日本語 | English
2011.11.25

K&Bパブリッシャーズから『プロジェクトFUKUSHIMA! 2011/3.11-8.15 いま文化に何ができるか』発売!

fukuhon.jpgK&Bパブリッシャーズから『プロジェクトFUKUSHIMA! 2011/3.11-8.15 いま文化に何ができるか』が発売されます(11/26発売)。本書は、ライター磯部 涼が福島に滞在し自ら見た福島のリアリティと、「プロジェクトFUKUSHIMA!」に繋がる人々との対話を独自の視点で綴った渾身の初の書き下ろしルポルタージュです。カラーページには「フェスティバルFUKUSHIMA!」珠玉の写真を32ページ掲載!


定価:1575円(税込)
四六版272ページ(カラー32ページ)
【収録インタビュー】
遠藤ミチロウ/大友良英/和合亮一/ASA-CHANG/宇川直宏


ご購入はこちら(Amazon)

【出版記念イベント】
TOKYO
『プロジェクトFUKUSHIMA! 2011/3.11-8.15 いま文化に何ができるか』
出版記念 大友良英×磯部涼 トーク&ライブ&サイン会
日程 12月1日(木)
場所 タワーレコード新宿店 7F
時間 19:00~(トーク&ライブ7F)
20:15~(サイン会10F)
問い合わせ タワーレコード新宿店 03-5360-7811
『プロジェクトFUKUSHIMA! 2011/3.11-8.15 いま文化に何ができるか』
出版記念 遠藤ミチロウ×大友良英 トーク&ライブ
日程 12月7日(水)
トークゲスト 磯部 涼
場所 UPLINK FACTORY
時間 開場19:00 開演19:30
チケット ¥2,000(ワンドリンク¥500)
問い合わせ UPLINK FACTORY 03-6825-5502
FUKUSHIMA
『プロジェクトFUKUSHIMA! 2011/3.11-8.15 いま文化に何ができるか』
出版記念 大友良英 トーク&ライブ&サイン会
日程 12月18日(日)
場所 タワーレコード郡山店
時間 14:00~
問い合わせ タワーレコード郡山店 024-921-5701


詳細はこちら
http://www.kb-p.co.jp/publication/11_11_fukushima.html

2011.11.25

大友良英著、青土社よりクロニクルFUKUSHIMA発売中

kuro.jpg大友良英 著 
宇川直宏 著 遠藤ミチロウ 著 木村真三 著 坂本龍一 著
丹治博志・智恵子・宏大 著 森彰一郎 著 和合亮一 著
201109刊/四六判/326頁
C0070 定価1680 円(本体1600 円)
ISBN978-4-7917-6627-7


未来は自分たちの手で切り拓く
あたらしい FUKUSHIMAがはじまる
放射能が降り積もった故郷・福島で、ポジティブな未来図を描いてゆくために、音楽家・大友良英が 「福島をあきらめない」 仲間たちとその可能性を語り合った魂の記録。対話と日記でたどる3.11の絶望から8.15の奇跡まで。


原発事故以降、見えない放射能が静かに降り積もる戦場と化した故郷・福島。
この現実とどう向き合い、生きてゆけばいいのか。
音楽家・大友良英がある覚悟を胸に奔走し、大風呂敷を広げ世界中のアーティストや
市民とつながって8.15の奇跡の野外フェスを福島で開催するまでの全記録。


ともに闘う戦友たちとの対論と、
大友の暗中模索の日々が問う――
わたしたちは福島を歴史の海に葬り、
ふたを閉じようとはしていないか?


amazon

2011.11.21

『Omnilogue: Alternating Currents 展』で、プロジェクトFUKUSHIMA! を紹介した映像作品が公開されています

Header-image-Alt-Cureents.jpg6組の日本のアーティストの震災以後の新しい「コラボレーション」のありかたや、地域社会へのコミットの方法を紹介している、オーストラリアのパース市で開催中の現代美術展『Omnilogue: Alternating Currents 展 - オムニログ:オルタネィティング カレント:3.11以降の日本現代美術 -』に於いて、プロジェクトFUKUSHIMA! の活動を紹介した映像作品が公開されています。


日時:2011年11月12日(土)~12月31日まで
   11:00~18:00 月曜休館
会場:Perth Institute of Contemporary Arts(PICA)
   Perth Cultural Centre, James Street, Northbridge
主催:国際交流基金、Perth Institute of Contemporary Arts
   特別協力:アレンス・アーサー・ロビンソン

>詳細はこちら

2011.11.18

「モリノネ」と「プロジェクトFUKUSHIMA!」のコラボレーションイベント詳細決定!

『モリノネ×プロジェクトFUKUSHIMA! ライブ in 正眼寺』


福島市の森合地区でイベントを開催している「モリノネ」と「プロジェクトFUKUSHIMA!」のコラボレーションイベントが開催されます! 日中は市内の飲食店が出店する「お寺でマルシェ」、夕方より豪華出演者による投げ銭ライブが始まります。お誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください!


>詳細はこちら

2011.11.16

A Conversation with Otomo Yoshihide

pj_fukushima3-1024x666.jpg
Living Under Radiation: The Role of Arts after 3.11 Fukushima
Wednesday, Nov 16, 2011 6:30pm (reception to follow)
@ NYU East Asian Studies (41 East 11th St, 7th floor)
Free
http://www.jfissures.org/otomo/

2011.11.15

「TECHNOPOLICE」~レイ・ハラカミに捧ぐ~ 『8.15世界同時多発フェスティバルFUKUSHIMA!』ライヴ版、 近日配信開始!

technopolis_itunes.jpg8月15日の福島市の四季の里に於ける「8.15世界同時多発フェスティバルFUKUSHIMA!」で、7月に急逝したrei harakami氏に捧げられた坂本龍一、大友良英、勝井祐二、U-zhaanによる"ゆるーいテクノポリス"。その公式ライヴ音源が『SWITCH』12月号の特集「坂本龍一  音楽に萌える」発売を記念して、ファン待望の配信化。同誌の発売日である11月20日から、iTunes Storeにて独占配信開始!




アーティスト名:坂本龍一・大友良英・勝井祐二・U-zhaan
作曲:坂本龍一
編曲:坂本龍一・大友良英・勝井祐二・U-zhaan

>ダウンロードはこちら

2011.11.13

11月23日四季の里にて木村真三博士による「子ども放射線教室」を開講

【スクールFUKUSHIMA!】では、放射線衛生学の研究者で、現・獨協医科大学准教授の木村真三博士を講師に招き、「子ども放射線教室」を開講します。


日時:11月23日(水/勤労感謝の日)13:00~14:30
講師:木村真三(放射線衛生学者)
場所:福島市 四季の里(福島県福島市荒井字上鷺西1-1)
対象:小学3~6年生の子どもと保護者の方 20組
参加料:500円(会議室借用料・資料準備費として)


▼参加お申込み・詳細はこちら
http://www.pj-fukushima.jp/school_kids.html

2011.11.10

8.15フェスティバルFUKUSHIMA! PHOTO GALLERY にグループ魂追加

8.15フェスティバルFUKUSHIMA! PHOTO GALLERY にグループ魂の写真を追加 いたしました。


8.15フェスティバルFUKUSHIMA! PHOTO GALLERY

2011.11.10

スクールFUKUSHIMA!「大友良英の音の学校」募集開始!

大友良英による新たなスクールが始まります。


「大友良英の音の学校」


12月16日(金)
場所:福島市 飯坂温泉「旧堀切邸」研修室
時間:開場18:00 開演18:30(終演予定20:30)
講師:大友良英(音楽家)
定員:30名(予約制)
応募締切:12月2日(金)
※先着順ではありません。募集多数の場合、2部制にする可能性あります。
参加費:無料


▼応募・詳細はこちら
http://www.pj-fukushima.jp/school/post.php