Lang : 日本語 | English
2012.05.21

DOMMUNEにてプロジェクトFUKUSHIMA! Presents TALK SESSION開催

今回のプロジェクトFUKUSHIMA!トークセッションは、経済学者金子勝と大友良英が福島の未来について考えます。金子勝、大友良英、坂本龍一、児玉龍彦の共著「フクシマからはじめる日本の未来」(アスペクト)の出版を記念してJAMJAM TVが送るスペシャル番外編対談。金子勝DOMMUNE初出演、乞うご期待!

詳しくはコチラ

2012.05.15

プロジェクトFUKUSHIMA! 共鳴企画「Meanwhile, in Fukushima...」

webSYNradio-flyerFUKUSHIMA-opensounds.jpg
プロジェクトFUKUSHIMA! 共鳴企画

"Meanwhile, in Fukushima..."

  サウンド共同プロジェクト/オープンサウンド・ライブラリー by ドミニーク・バレイ  

「Meanwhile, in Fukushima...」は、「プロジェクトFUKUSHIMA! 宣言」において提示された方向性に共鳴して、福島から始まるサウンド共同プロジェクトです。このプロジェクトの仕組みはとてもシンプルなものです。まず今年5月に軽量の機材を持って主宰者のドミニーク・バレイがフランスから福島に赴き、現地に10日間滞在します。そして、プロジェクトFUKUSHIMA!の活動に参加している様々な人々と出会いながら、福島における日々の生活の音を録音します。また、彼自身の録音作業と並行して、"福島の音"を広く募集し、「フクシマ・オープンサウンド・ライブラリー」を立ち上げます。そして、このライブラリーに集められた音を用いた作品を世界各国のアーティストに委嘱し、それぞれの方法でこの問題に立ち向かい「そこ」と「ここ」の間に命綱を投げるように呼びかけます。こうして創られた作品のセレクションは、9月にFrance Musiqueのスペシャルプログラムとして放送されます。これに伴い、ライブコンサートや会議など、多彩なイベントがフランスで繰り広げられる予定です。
 
詳細はこちら:
http://fukushima-open-sounds.net/fukushima/english/(英語)
http://fukushima-open-sounds.net/japanese/(日本語)

fukushima_seb_jarnot_dossier_fr_cadrage_big1.jpg

2012.05.12

フェスティバルFUKUSHIMA! 世界同時多発開催の呼びかけ

「FUKUSHIMA!」をキーワードに、自分たちの未来を考えていく。
そんなフェスティバルを自分たちの手でやってみませんか。
 
昨年8月に行われた「フェスティバルFUKUSHIMA!」を今年も開催します。開催期間は8月15日(水)から26日(日)の12日間。この期間、わたしたちは福島県内各地で大小様々なフェスティバルを開催する予定です。と同時に福島県内、県外、国内、国外を問わず、様々な場所で、みなさんが実現するみなさん独自のフェスティバルの同時多発開催を実現できればと思っています。開催期間は8月15日から26日ですが、その前後でもかまいません。

詳しくはこちら